生理痛の女性とトリキュラー

生理に深刻な悩みを抱えていませんか?ひどい生理痛や生理不順が日常化してしまっている人には「当たり前のこと」かもしれませんが、それは正常なことではありません。そこでそんな方々には私から、トリキュラーという低用量ピルをおすすめしております。

トリキュラー以外の低用量ピルについて

低用量ピルを服用して避妊を行う場合、婦人科のある医療機関の多くでトリキュラーが処方されますが、低用量ピルにはトリキュラー以外にもたくさんの製品があります。
低用量ピルは、販売が始まった時期に応じて第一世代から第四世代までの4種類に分類することができます。トリキュラーが分類されるのは第二世代で、黄体ホルモン剤としてレボノルゲストレルと呼ばれる成分が用いられています。この世代の低用量ピルは、第一世代の低用量ピルより黄体ホルモンの量が少なく抑えられていながら、第一世代と同じかそれ以上の避妊効果が得られることと、アンドロゲン作用に伴う症状が起きやすい点が特徴です。
一方、トリキュラーより先発の低用量ピルである第一世代は、黄体ホルモン剤としてノルエチステロンと呼ばれる成分が含有されています。ノルエチステロンの作用が弱いこともあり、後発の低用量ピルより黄体ホルモンの量が多くなっていますが、消退出血の程度が軽い点や、月経困難症や子宮内膜症にも有効であることから、現在でも広く用いられています。
第一世代と第二世代の製品に対して、第三世代の低用量ピルには、デソゲストレルと呼ばれる黄体ホルモン剤が錠剤に含まれています。デソゲストレルと、卵胞ホルモン剤のエチニルエストラジオールの合剤は、第一世代低用量ピルのアンドロゲン作用が弱い特徴と、第二世代低用量ピルの不正出血が起こりにくい特徴の両方を兼ね備えており、より安全に服用を続けていくことができるようになっています。
そして、現在最もあたらしい製品が分類される第四世代の低用量ピルでは、ドロスピレノンという物質が黄体ホルモン剤として含有され、エチニルエストラジオールの含有量がそれまでの低用量ピルより少なくなっています。この世代の低用量ピルは、従来の製品と比較して吹き出物やむくみ、体重の変化が起きにくいのが特徴です。