生理痛の女性とトリキュラー

生理に深刻な悩みを抱えていませんか?ひどい生理痛や生理不順が日常化してしまっている人には「当たり前のこと」かもしれませんが、それは正常なことではありません。そこでそんな方々には私から、トリキュラーという低用量ピルをおすすめしております。

トリキュラーと喫煙の関係と黒くなる出血とは

トリキュラーは低用量ピルの1つで、高い避妊の効果を発揮し子宮系の治療にも役立てることが出来るため、人気があります。しかし服用する際には喫煙していると、命にかかわる可能性もある血栓症のリスクを非常に高めるというデータがあります。特に35歳以上で1日15本以上喫煙する人にはトリキュラーを処方することが出来ない、ということにもなっています。自分は35歳以下で1日15本も吸わないから禁煙する必要はない、とは考えない方が良いです。トリキュラーだけに限りませんが、低用量ピルとタバコの相性は非常に悪く、15本以下の場合でも血栓症のリスクを上げることには変わりありません。そのためトリキュラーを使用するのであれば、禁煙してから利用することで安全に使用することが出来るでしょう。
ところでトリキュラーを服用すると、黒くなっているような出血が見られる場合があります。これは副作用の1つで、脳が体が妊娠したと勘違いするために、妊娠初期に似た症状が現れることがあります。不正出血もその1つで、しばらくすると黒く感じる不正出血も治まりますが、治まらなかったり出血の量が増える場合はすぐに医師に相談しましょう。トリキュラーは薬ですので、どうしても体との相性があります。もしかすると相性が良くないために不正出血が止まらなっかり量が増えている可能性があります。他の低用量ピルや中用量ピルに変更するかなど医師と相談し判断することが大切なので、不正出血だから大丈夫、と思わずに、診察してもらいましょう。
トリキュラーを安全に使用するためには禁煙し、不安なことは医師に相談し判断を仰ぐ、ということも非常に大切です。自己判断で決め付けずにしっかりと相談しましょう。