生理痛の女性とトリキュラー

生理に深刻な悩みを抱えていませんか?ひどい生理痛や生理不順が日常化してしまっている人には「当たり前のこと」かもしれませんが、それは正常なことではありません。そこでそんな方々には私から、トリキュラーという低用量ピルをおすすめしております。

トリキュラーで着床のトラブルを改善する

トリキュラーは低用量ピルの1つで、毎日同じ時間帯に服用したり服用の順番を守ることで高い避妊の効果を発揮することが出来ます。また子宮内膜症など子宮系の治療にも使われるほど、人気の高い低用量ピルです。
子宮系の治療の1つに着床のトラブルを改善することがあります。これは着床し、妊娠してからの話ではなく、着床するために子宮の状態を改善することにあります。子宮の状態が悪ければ着床がしにくく、妊娠もしずらくなります。女性は通常であれば月に1回排卵します。しかし排卵のたびに子宮にダメージを与えているといっても過言ではなく、子宮の状態を改善するためには、排卵を止め子宮を回復させることがポイントになります。排卵がなくなるには閉経か妊娠するしかないですが、トリキュラーは体が妊娠したと脳に勘違いさせることで排卵を停止させることが出来ます。
トリキュラーには妊娠時に多く分泌される黄体ホルモンが女性本来のホルモンバランスに似せて3段階に配合されており、低用量ピルの中では比較的副作用が少ないとされています。非妊娠時でも妊娠時に多く分泌される黄体ホルモンを定期的に摂取し、体内の黄体ホルモンの濃度を一定にすることで脳は体が妊娠したと勘違いし、排卵の停止を命令することになります。排卵が停止した子宮は休息をとることが出来、その間、子宮の回復につながるのです。もちろん妊娠したいと願うようになればトリキュラーの使用をやめ、妊活をすれば問題はありませんし、妊娠時にトリキュラーの影響を与えることもありません。
不妊治療というのは医師の指示に従い行いますが、不妊治療の一環として子宮の状態を回復することはあります。妊娠を望むのであれば、トリキュラーにより子宮の回復をすることで着床のトラブルを改善することができるかもしれません。